新規営業のコツと落とし穴|管理戸数増加に重要な5つの注意点

新規営業は、ビジネスの成長において欠かせない要素です。特に賃貸管理業界においては、管理戸数の増加が直接的な収益向上につながるため、新規営業の成功は非常に重要です。しかし、新規営業にはさまざまなコツと落とし穴があります。この記事では、管理戸数増加を目指す賃貸管理業者が新規営業で成功するために押さえておくべきポイントと、一般的な落とし穴を避ける方法について、具体的な注意点を紹介します。

新規営業成功の鍵「基本を押さえる」

新規営業の目標設定と計画の重要性

管理戸数拡大に向けて新規営業を始める前に、目標設定と計画が重要です。具体的な目標を設定し、それを達成するための戦略を練ることで、無駄な努力を省き、効率的に結果を出すことができます。目標は「具体的、計測可能、達成可能、関連性、時間的制限」を重視し設定し、定期的に進捗を確認することが大切です。

第一印象を決める挨拶と身だしなみ

新規営業では、第一印象が非常に重要です。挨拶は相手に敬意を示す基本中の基本であり、明るい笑顔とはっきりした声で挨拶をすることが大切です。また、身だしなみにも気を配り、清潔感のある服装で相手に信頼感を与えることができるように心がけましょう。

相手のニーズを理解する聞き方と質問技術

相手のニーズを的確に把握するためには、効果的な聞き方と質問技術が必要です。相手の話を注意深く聞き、適切なタイミングで質問を投げかけることで、相手の本当の要望を理解することができます。そのためには、オープンクエスチョンを用いて積極的に情報を引き出し、クローズドクエスチョンで確認を行うと良いでしょう。

新規営業のコツを実践に移す

リレーションシップ構築のためのコミュニケーション術

営業の世界では、顧客とのリレーションシップ構築が成功のカギを握ります。相手との信頼関係を築くためには、共感を示したり、相手の話に耳を傾けたりすることが重要です。また、相手に価値を提供することで、長期的な関係を築く土台を作ることができます。

信頼を築くためのフォローアップ戦略

フォローアップは、管理戸数拡大に向けた営業活動において非常に重要なプロセスです。初回の接触だけではなく、定期的に連絡を取り、関係を維持することが信頼構築につながります。フォローアップは、相手に忘れられないようにするためにも、また新しい情報を提供する機会としても活用できます。

クロージングテクニック「相手を説得する方法」

クロージングは、営業活動の最終段階であり、契約に結びつけるためには欠かせない技術です。相手に対してプレッシャーをかけ過ぎずに、自然な流れでクロージングに持ち込むことが重要です。そのためには、相手の意思決定を尊重し、適切なタイミングでクロージングの提案を行う必要があります。また、『見込みが薄いからクロージングをしない』は営業マンとして絶対にNGです。クロージングの回数は提案の回数と同等になるように新規営業に当たりましょう。賃貸オーナーの背中を押してあげるのは「あなたしかいない」のです。

管理戸数増加に直結する営業戦略

ターゲット市場の特定とアプローチ方法

管理戸数を増やすためには、ターゲット市場を特定し、その市場に合わせたアプローチ方法を考えることが重要です。市場調査を行い、自社のサービスが最も価値を提供できる顧客層を見極めましょう。そして、その顧客層に合わせた営業戦略を立てることが成功への近道です。特定の条件下の賃貸オーナーや建物を狙い、局地戦で戦うことがまずはおすすめです。

提案力を高めるポイント「差別化の重要性」

競合が多い市場においては、差別化が重要となります。自社のサービスが他社とどう違うのか、その特徴を明確に打ち出すことで、顧客に選ばれる確率を高めることができます。提案時には、自社の強みを活かした賃貸管理の差別化ポイントを前面に出すようにしましょう。

顧客維持とリピート営業のための秘訣

新規顧客の獲得だけでなく、既存顧客の維持も営業活動には不可欠です。顧客がリピートして利用したくなるようなサービス提供と、定期的なコミュニケーションを心がけることで、顧客ロイヤルティを高めることができます。また、顧客からのフィードバックを積極的に取り入れ、サービスの改善につなげることも大切です。

新規営業の落とし穴とその回避方法

一般的な営業の失敗例とその教訓

新規営業には多くの落とし穴があります。たとえば、自社の商品やサービスの説明にばかり時間を割いてしまい、顧客のニーズに耳を傾けないことです。このような失敗から学ぶべき教訓は、常に顧客中心の姿勢を忘れずに、相手の話に耳を傾けることの重要性です。営業力のある営業マンは自分の営業を有利に働かせるための情報収集をヒアリングと呼び実行します。営業に自信のない営業マンは沈黙や行間を埋めるために一方的に話し続けてしまい、結果契約には至りません。

プレッシャーをかけ過ぎない営業の心得

営業活動において、相手にプレッシャーをかけ過ぎることは、かえって逆効果になることがあります。相手が不快に感じるような強引な営業は避け、むしろ相手のペースに合わせて丁寧な対応を心がけることが大切です。信頼関係を築くことが、最終的な成果につながります。

失敗を恐れず挑戦する姿勢の大切さ

営業活動において失敗は避けられないものですが、それを恐れてはいけません。失敗から学び、次に活かすことが成長につながります。挑戦する姿勢を持ち続けることで、新しいアイデアやアプローチが生まれ、営業活動の幅が広がります。

管理戸数増加に重要な5つの注意点

市場調査の徹底と情報の質

市場調査を徹底することは、営業戦略を立てる上で非常に重要です。市場の動向、競合の状況、顧客のニーズなど、質の高い情報を収集することで、的確な営業アプローチが可能になります。情報の質を高めることが、結果的に管理戸数増加につながります。

価格戦略と利益率のバランス

価格戦略は営業において重要な要素です。しかし、単に価格を下げるだけでは、利益率が低下してしまう可能性があります。価格と利益率のバランスを考え、適正な価格設定を行うことが重要です。価格競争に巻き込まれることなく、利益を確保する戦略を立てましょう。

サービスの継続性と改善

サービスの継続性を保ち、常に改善を行うことも管理戸数増加には欠かせません。顧客の要望に応じたサービスを提供し続けることで、信頼を築き、リピート顧客を増やすことができます。また、サービスの質を高めることで、新規顧客の獲得にもつながります。

継続的な営業力強化のための自己啓発

自己成長のための学習リソース

営業スキルを継続的に向上させるためには、自己啓発が不可欠です。書籍やオンラインコース、セミナーなどさまざまな学習リソースを活用し、最新の営業手法やマーケットのトレンドを学びましょう。自己成長に努めることで、営業力を強化し、結果につなげることができます。

メンターとの関係性構築とその効果

経験豊富なメンターとの関係性を構築することも、営業力強化には有効です。メンターからのアドバイスやフィードバックを得ることで、自分では気づかない問題点を修正し、スキルアップを図ることができます。また、メンターとのネットワークを通じて新たなビジネスチャンスを見出すことも可能です。

定期的な成果の振り返りと目標の見直し

営業活動における成果を定期的に振り返り、目標を見直すことも重要です。自分の営業活動がどの程度成果につながっているのかを評価し、必要に応じて目標を修正することで、より効果的な営業戦略を立てることができます。

まとめ

管理戸数拡大を目指す新規営業を成功に導くためには、基本を押さえつつ、顧客のニーズに耳を傾け、信頼関係を築くことが重要です。また、落とし穴を避けるためには、相手にプレッシャーをかけ過ぎないように注意し、失敗を恐れずに挑戦する姿勢を持つことが大切です。

新着コラム

その悩み管理戸数ふえるくんが解決できます

閉じる
管理戸数ふえるくん 資料請求
資料請求
資料請求・お問い合わせ

管理受託に関する営業課題を管理戸数ふえるくん
で解決します

管理戸数ふえるくんは、管理会社様専用に作られたSFA(営業支援ツール)です

使いやすい製品であることは当たり前。お客様専用のサポート体制も充実

ご不明な点がございましたら専任の担当者から詳しくご紹介いたします。

資料請求してみる 

03-5847-8558(企業専用)