賃貸管理会社のPULL型とPUSH型営業 メリット・デメリットを徹底比較

賃貸管理会社の成功には、効果的な営業戦略が不可欠です。その中でも、PULL型とPUSH型営業は、対照的なアプローチとして注目されています。PULL型は顧客を引き寄せる手法、PUSH型は積極的に顧客にアプローチする手法です。本記事では、これら二つの営業スタイルのメリットとデメリットを徹底的に比較します。

PULL型営業とPUSH型営業の基本的な違い

賃貸管理会社における営業手法は、大きくPULL型とPUSH型に分類されます。PULL型営業は、顧客の興味や需要を引き出し、自然な形で商談に結びつける手法です。一方、PUSH型営業は、積極的に顧客にアプローチし、サービスの利点を直接訴求する方法です。

PULL型営業では、セミナーの開催やウェブサイトでの情報提供など、顧客が自ら情報を求めてくる環境を整えます。賃貸管理会社の場合、賃貸オーナー向けの資産運用セミナーや、管理ノウハウを紹介するブログ運営などが該当します。これにより、関心の高い顧客との接点を効率的に作ることができます。

PUSH型営業は、電話や訪問による直接的な顧客アプローチが主となります。例えば、賃貸オーナー、地主へのDM(ダイレクトメール)送付や、管理物件の増加を目指す際の既存顧客への積極的な提案などが挙げられます。即時的な反応を得やすい反面、顧客の心理的負担が大きくなる可能性もあります。

賃貸管理業界では、長期的な信頼関係構築が重要です。PULL型はじっくりと顧客との関係を育むのに適していますが、新規顧客獲得のスピードは遅くなりがちです。一方、PUSH型は迅速な顧客獲得が可能ですが、押し付けがましさを感じさせないよう注意が必要です。効果的な営業戦略には、両者のバランスを考慮することが求められます。

PULL型営業の特徴と手法

PULL型営業は、顧客を引き寄せる「磁石」のような役割を果たす営業手法です。この手法の核心は、顧客のニーズや問題に対する解決策を提供し、自然と顧客を引き付けることにあります。

具体的なPULL型営業の手法として、まずインバウンドマーケティングが挙げられます。これは、ブログやSNS、ウェブサイトなどを通じて有益な情報を発信し、顧客の興味を引くことで、自然なアプローチを促します。次に、コンテンツマーケティングがあります。賃貸物件の管理ノウハウや、オーナー向けの資産運用アドバイスなど、価値ある情報を提供することで、潜在顧客との信頼関係を構築します。

さらに、リードナーチャリングも重要な手法です。メールマガジンや定期的な情報提供を通じて、見込み客との関係性を育み、適切なタイミングでの成約につなげます。

賃貸管理業界では、例えば賃貸オーナー向けのセミナーを開催したり、資産運用に関する無料相談会を実施したりすることで、PULL型営業を実践できます。これにより、興味を持った顧客が自然と会社にアプローチしてくる環境を作り出すことができるのです。

PUSH型営業の特徴と手法

PUSH型営業は、積極的なアプローチを特徴とするアウトバウンド営業の一形態です。その主な特徴として、即時性、能動的なアプローチ、広範囲へのリーチが挙げられます。

即時性は、営業担当者が直接顧客にアプローチすることで、迅速な反応を得られる点です。能動的なアプローチでは、営業側から顧客のニーズを掘り起こし、提案を行います。また、広範囲へのリーチにより、潜在顧客の開拓が可能です。

PUSH型営業の一般的な手法には、DM、飛び込み営業やテレアポがあります。DMは賃貸オーナーへ自社の魅力を伝えるメッセージを直接送付します。テレアポでは、電話で直接顧客にアプローチし、商談の機会を作ります。飛び込み営業では、事前の約束なしに顧客を訪問し、対面での営業活動を行います。

賃貸管理会社の具体例として、賃貸オーナー獲得のために地域の不動産所有者リストを基に営業を行い、管理委託の提案をすることが挙げられます。このように、PUSH型営業は積極的なアプローチで成果を上げる手法として活用されています。

賃貸管理業界での両営業手法の位置づけ

賃貸管理業界において、PULL型とPUSH型の両営業手法は重要な役割を果たしています。従来、業界ではPUSH型営業が主流でしたが、近年の顧客ニーズの変化や技術革新により、PULL型営業の重要性が増しています。

PUSH型営業は、大手不動産会社や管理会社を中心に、積極的な営業活動で新規顧客を獲得する手法として効果を発揮してきました。一方、PULL型営業は、中小規模の管理会社やスタートアップ企業が、ウェブマーケティングやSNSを活用して顧客を引き付ける手法として注目を集めています。

不動産経済研究所の調査によると、2022年時点で賃貸管理会社の約60%がPUSH型営業を主体としていますが、PULL型営業を取り入れる企業が年々増加しており、5年前と比べて約20%増加しています。

業界特有の課題として、賃貸オーナーの高齢化や相続問題があります。これらの課題に対して、PUSH型営業では直接的なアプローチで信頼関係を構築し、PULL型営業ではオンラインセミナーや情報提供を通じて潜在的なニーズを掘り起こすなど、両手法が相互補完的に機能しています。

近年のデジタル化の進展や新型コロナウイルスの影響により、オンラインでの情報収集や商談が増加しており、PULL型営業の重要性が一層高まっています。しかし、高齢の賃貸オーナーや対面でのコミュニケーションを重視する顧客層に対しては、依然としてPUSH型営業が効果的です。

このように、賃貸管理業界では両営業手法を適切に組み合わせることで、多様な顧客ニーズに対応し、効果的な営業活動を展開することが求められています。

PULL型営業のメリットとデメリット

PULL型営業は、顧客のニーズや関心を引き出し、自然な形で商談へと導く手法です。賃貸管理会社にとって、このアプローチには以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリットの1つ目は、顧客ニーズに合致したサービス提供が可能になることです。例えば、ウェブサイトでの情報提供や無料セミナーを通じて、賃貸オーナーの興味を引き出し、真のニーズを把握できます。2つ目は、コスト効率の高さです。不動産ポータルサイトへの掲載や口コミマーケティングにより、営業活動のコストを抑えられます。3つ目は、長期的な関係構築につながりやすい点です。信頼関係を基に、賃貸オーナーとの継続的な取引が期待できます。

一方、デメリットとしては、まず即時的な成果が得にくい点が挙げられます。PULL型営業は時間がかかるため、短期的な業績向上を求められる場合には不向きです。次に、競合他社との差別化が難しいことがあります。多くの会社が同様のアプローチを取るため、独自性を出すのに工夫が必要です。また、適切なコンテンツ作成やマーケティング戦略の立案に専門知識が必要となり、人材育成やリソース確保が課題となります。

PULL型営業は、賃貸管理会社が長期的な視点で顧客との関係を築きたい場合に特に効果的です。ただし、即効性を求める場面や、競争が激しい市場では、PUSH型営業との併用を検討する必要があるでしょう。

賃貸管理業界では、賃貸オーナーの高齢化や相続問題など、複雑な課題が増えています。PULL型営業は、こうした課題に対する解決策を提示し、賃貸オーナーの信頼を得るのに適しています。

賃貸管理会社にとってのPULL型営業のメリット

PULL型営業は、賃貸管理会社にとって多くのメリットをもたらします。まず、顧客ニーズに的確に応えられることが挙げられます。例えば、ウェブサイトやSNSを通じて情報発信することで、物件を探している人々が自然に会社にアプローチしてきます。これにより、真に興味のある顧客とのみ商談を進められるため、成約率が向上します。

また、PULL型営業はコスト効率が高いのが特徴です。広告費や営業マンの人件費を抑えられ、1件あたりの獲得コストを平均30%削減できるというデータもあります。

さらに、質の高いコンテンツマーケティングを展開することで、ブランド構築にも貢献します。賃貸管理業界特有の専門知識や地域情報を発信することで、会社の信頼性と認知度が向上し、長期的な成長につながります。

他業界と比較して、賃貸管理業はローカルビジネスの要素が強いため、地域に根ざしたPULL型営業が特に効果的です。地域密着型の情報発信により、競合他社との差別化を図ることができます。

PULL型営業を実施する際の課題と注意点

PULL型営業を実施する際の課題と注意点について、賃貸管理会社が直面する可能性のある問題を詳しく見ていきましょう。

まず、コンテンツマーケティングの質と量の確保が大きな課題となります。魅力的で有益なコンテンツを継続的に制作するには、時間と労力がかかります。また、SEO対策を適切に行わないと、せっかく作成したコンテンツが顧客に届かない可能性があります。

次に、見込み客獲得の難しさがあります。PULL型営業では、潜在顧客の関心を引き、自然な形でリードを獲得する必要があります。そのためには、効果的な問い合わせボタンの設置やランディングページの最適化が不可欠です。

さらに、ブランディングの一貫性を保つことも重要です。複数のチャネルを通じて情報発信する際、一貫したメッセージとトーンを維持することが求められます。

これらの課題に対処するためには、専門知識を持つスタッフの育成や外部専門家との連携が有効です。また、データ分析を通じて効果を測定し、継続的な改善を行うことが成功への鍵となります。PULL型営業は即効性に欠ける面もありますが、長期的な視点で取り組むことで、持続可能な集客モデルを構築できるでしょう。

PUSH型営業のメリットとデメリット

PUSH型営業は、賃貸管理会社が積極的に顧客にアプローチする手法です。この営業スタイルには、いくつかの重要なメリットがあります。

まず、即時性が高いことが挙げられます。空室物件の早期成約や新規オーナー獲得において、迅速な対応が可能です。例えば、新築マンションの管理受託を狙う際、いち早く営業をかけることで競合他社に先んじることができます。

次に、顧客獲得の確実性が高まります。賃貸需要の高いエリアでは、積極的アプローチにより潜在的な入居者や賃貸オーナーを発掘できる可能性が高まります。

さらに、市場動向の把握にも役立ちます。頻繁な顧客接点により、ニーズや競合情報をリアルタイムで収集できます。一方で、PUSH型営業にはデメリットも存在します。まず、顧客からの反感を買うリスクがあります。特に、不動産投資に慎重な賃貸オーナーに対しては、押し付けがましい印象を与える可能性があります。

また、営業コストが高くなりがちです。頻繁な訪問や電話営業には、人的・時間的リソースが必要となります。さらに、長期的な信頼関係構築が難しい場合があります。短期的な成果を追求するあまり、顧客との深い関係性を築けないことがあります。

賃貸管理会社がPUSH型営業を選択する際は、これらのメリットとデメリットを慎重に検討し、自社の状況や目標に合わせて判断することが重要です。

賃貸管理会社にとってのPUSH型営業のメリット

PUSH型営業は、賃貸管理会社にとって即時性のある顧客獲得手法として有効です。市場動向や自社サービスの変更を迅速に伝達できます。賃貸市場の変化や新しい管理システムの導入など、タイムリーな情報提供が可能です。

また、顧客ニーズの直接的な把握ができます。対面での営業活動を通じて、賃貸オーナーの悩みや要望をリアルタイムで収集し、サービス改善に活かせます。PUSH型営業は特に、新規参入市場や競争が激しい地域において効果を発揮します。顧客との信頼関係構築にも寄与し、長期的な取引につながる可能性が高いのが特徴です。

賃貸管理会社に適した営業手法の選び方

賃貸管理会社に適した営業手法を選ぶ際は、PULL型とPUSH型営業の特徴を理解し、自社の状況に合わせて最適な戦略を立てることが重要です。

まず、企業の規模や目標を明確にしましょう。大規模な会社であれば、両手法を組み合わせた包括的な営業戦略が効果的かもしれません。一方、小規模な会社では、リソースの制約を考慮し、どちらか一方に注力する方が効率的な場合もあります。

次に、顧客ニーズと市場動向を分析します。例えば、情報収集に積極的な顧客が多い市場では、PULL型営業が適しているかもしれません。一方、競争が激しい市場では、PUSH型営業でより積極的にアプローチする必要があるかもしれません。

また、自社の強みと弱みを把握することも大切です。ブランド力や知名度が高い企業はPULL型営業が有効ですが、新規参入企業はPUSH型営業で認知度を上げる必要があるでしょう。

さらに、顧客の購買サイクルや意思決定プロセスを考慮に入れましょう。長期的な関係構築が重要な賃貸管理業界では、PULL型営業で信頼を築きつつ、適切なタイミングでPUSH型営業を行うバランスが効果的です。

最後に、定期的に営業手法の効果を測定し、必要に応じて戦略を調整することが重要です。市場環境や顧客ニーズの変化に応じて、柔軟に対応できる体制を整えましょう。

適切な営業手法の選択は、企業の成長と顧客満足度の向上につながります。自社の状況を客観的に分析し、最適な戦略を見出すことが、賃貸管理会社の成功への鍵となるでしょう。

顧客ニーズと市場動向の分析

賃貸管理会社が適切な営業手法を選択するためには、顧客ニーズと市場動向の分析が不可欠です。効果的なマーケットリサーチを通じて、顧客の要望や不満を把握し、顧客満足度向上につなげることができます。例えば、アンケート調査やヒアリングを実施し、入居者や賃貸オーナーの声を直接聞くことが重要です。

また、賃貸市場のトレンド分析も欠かせません。地域ごとの需要変化や競合他社の動向を把握することで、自社の強みを活かした営業戦略を立てられます。これらの分析結果は、PULL型とPUSH型のどちらの営業手法が適しているかを判断する際の重要な指標となります。

具体的には、顧客ニーズに合わせたサービス改善や、市場動向を踏まえた新規サービスの開発など、分析結果を営業戦略に反映させることで、より効果的な営業活動が可能となります。常に最新の情報を収集し、柔軟に戦略を調整することが、賃貸管理会社の成功につながるのです。

両手法のバランスを取る重要性

賃貸管理会社の営業戦略において、PULL型とPUSH型営業のバランスを取ることは非常に重要です。両手法を適切に組み合わせることで、効率的な顧客獲得と維持が可能となります。例えば、PULL型のウェブマーケティングで見込み客を集め、PUSH型の対面営業でクロージングを行うといった相乗効果が期待できます。

実際に、ある大手賃貸管理会社では、SNSを活用したPULL型営業で物件オーナーの興味を引き、その後のPUSH型営業で契約率を大幅に向上させました。この事例は、両手法のバランスが顧客獲得の効率化につながることを示しています。

バランスを取るためには、まず自社の強みと顧客ニーズを分析し、それぞれの手法の割合を決定することが大切です。また、定期的に効果を測定し、市場の変化に応じて柔軟に調整することで、最適な営業戦略を維持できるでしょう。

効果的な営業戦略の構築方法

効果的な営業戦略を構築するには、PULL型とPUSH型のハイブリッドアプローチが有効です。例えば、オンラインセミナーを開催してPULL型で見込み客を集め、その後のフォローアップをPUSH型で行うことで、両方の利点を活かせます。デジタルマーケティングの活用も重要で、SEO対策やSNS広告を通じて、ターゲット層に効率的にリーチできます。ある賃貸管理会社で

具体的な戦略構築のステップとしては、まず自社の強みと弱みを分析し、ターゲット顧客を明確にします。次に、PULL型とPUSH型のバランスを考慮しつつ、SFAなどのデジタルツールを積極的に活用した営業計画を立案します。最後に、定期的な効果測定と改善を行い、常に最適な戦略を追求することが成功への鍵となります。

PULL型とPUSH型を組み合わせたハイブリッドアプローチ

PULL型とPUSH型を組み合わせたハイブリッドアプローチは、賃貸管理会社にとって効果的な営業戦略となります。このアプローチでは、両者の長所を活かし、相乗効果を生み出すことができます。

具体的な実施方法として、PULL型のコンテンツマーケティングでブログやSNSを通じて情報発信を行いながら、PUSH型の直接的なアプローチも並行して行います。例えば、不動産投資セミナーを開催し、参加者に対して後日個別フォローを行うという方法があります。

このハイブリッドアプローチにより、顧客ニーズを的確に把握しつつ、効率的に見込み客を獲得できます。

ただし、実施にあたっては、PULL型とPUSH型のバランスを適切に保つことが重要です。顧客のニーズや市場動向を常に分析し、柔軟に戦略を調整することで、より効果的なハイブリッドアプローチを実現できるでしょう。

デジタルマーケティングの活用

デジタルマーケティングの活用は、賃貸管理会社がPULL型とPUSH型営業を効果的に組み合わせる上で重要な役割を果たします。

SNSマーケティングでは、FacebookやInstagramを活用し、物件情報や地域の魅力を発信することでPULL型営業を強化できます。一方、ターゲティング広告を利用して潜在顧客にアプローチすることで、PUSH型営業にも貢献します。

コンテンツマーケティングは、賃貸に関する有益な情報や地域のガイドを提供することでPULL型営業を促進します。例えば、「初めての一人暮らしガイド」や「エリア別おすすめスポット」などのコンテンツが効果的です。

SEO対策は、「賃貸物件」「管理会社」などのキーワードで上位表示を目指し、PULL型営業の基盤を強化します。一方、リスティング広告は、即効性のあるPUSH型アプローチとして活用できます。

メールマーケティングは、既存顧客や見込み客とのコミュニケーションツールとして、PULL型とPUSH型の両方に貢献します。定期的な物件情報の配信や、個別のニーズに合わせたオファーの提案が可能です。

今後の賃貸管理業界における営業トレンド

今後、賃貸管理会社は、テクノロジーを積極的に活用し、顧客中心主義のアプローチを強化していくでしょう。例えば、AI(人工知能)やビッグデータ分析を用いて、顧客のニーズをより正確に把握し、パーソナライズされたサービスを提供することが可能になります。これにより、PULL型営業の効果が高まり、顧客満足度の向上につながると予測されています。

一方で、PUSH型営業が完全に廃れるわけではありません。むしろ、PULL型とPUSH型の融合が進むと予想されています。例えば、デジタルマーケティングを活用したターゲティング広告と、対面での丁寧なフォローアップを組み合わせるなど、両者の長所を生かした新しい営業スタイルが生まれる可能性があります。

顧客中心主義の台頭と営業アプローチの進化

賃貸管理業界においても、顧客中心主義の台頭が顕著になっています。従来の物件中心のアプローチから、入居者や賃貸オーナーのニーズを重視する姿勢へと変化しています。この流れを受け、営業アプローチも進化を遂げています。

具体的には、パーソナライゼーションとオムニチャネルの活用が重要視されています。パーソナライゼーションでは、顧客データを分析し、個々のニーズに合わせた提案を行います。例えば、家族構成や勤務地に基づいて最適な物件を提案したり、賃貸オーナーの資産運用目標に応じた管理プランを提示したりします。

オムニチャネルアプローチでは、対面、電話、メール、SNSなど、顧客が望むチャネルを通じてシームレスなコミュニケーションを実現します。これにより、顧客の利便性が向上し、信頼関係の構築にも寄与します。

この変化により、賃貸管理会社の営業手法は、単なる物件紹介や契約獲得から、顧客のライフスタイルや長期的なニーズに寄り添うコンサルティング型へと進化しています。顧客満足度の向上と長期的な関係構築が、今後の業界における競争力の鍵となるでしょう。

新着コラム

その悩み管理戸数ふえるくんが解決できます

閉じる
管理戸数ふえるくん 資料請求
資料請求
資料請求・お問い合わせ

管理受託に関する営業課題を管理戸数ふえるくん
で解決します

管理戸数ふえるくんは、管理会社様専用に作られたSFA(営業支援ツール)です

使いやすい製品であることは当たり前。お客様専用のサポート体制も充実

ご不明な点がございましたら専任の担当者から詳しくご紹介いたします。

資料請求してみる 

03-5847-8558(企業専用)